はじめての方へ

元本の安全性を高めるために、「優先劣後システム」を採用

お客さまの出資は優先出資といい、分配金の受け取り・出資金返還において劣後出資者(株式会社プロスタイル)より優先されるシステムです。

お客さまからの出資金を出資総額( 事業開始時の対象不動産の評価額)の80%までとして「優先出資」とします。残る20%を営業者である株式会社プロスタイルが「劣後出資」として負担します。
対象不動産の評価額が下落した場合でも、下落率が20%以内であればお客さまの出資元本への影響はありません。
※優先劣後出資割合は商品によって異なります。

賃貸収入イメージ

賃貸収入(賃貸料・礼金・更新料など)から賃貸費用(管理費・固定資産税・水道光熱費・保険料・修繕費など)を差し引いたものが「賃貸利益」であり、これが分配原資となっています。
分配原資(賃貸利益)が目減りした場合でも、お客さまの分配金を最優先で支払います。

当社グループ会社によるマスターリース(サブリース)契約

出資者への配当は賃貸借契約者の賃料から得る利益を原資としているため、空室が続くと配当の原資が損なわれてしまいます。
リマワルでは、出資元本の保全性を高めると同時に、出資者への配当をより確実なものとするために、運用期間における当社グループ会社によるマスターリース契約を締結しています。これにより、空室による無配当のリスクを抑制し、出資者の皆さまに安心して投資していただけるような商品を提供することができます。